税務調査・救急センター

(はじめに)
 ▼朴木税理士事務所は、顧問先の税務調査に対し、長年の経験と税法解釈や判例研究と言った高度で専門的な知識を駆使して、納税者の心の声を代弁し税務調査終了までをガードしています。
 ▼当センターは、顧問契約がない方にも同様のサービスを提供するための窓口として、

開設しました。

すぐにでも相談したい方はこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

税務調査期間は、平均3ヶ月~6ヶ月と長丁場となる傾向。その間、顧問先と同様に防御壁としてあなたの前面に立ち、時に反撃しながら支えます。

1 当センター適用可能の方
 イ 調査が、初めてで不安な方
 ロ 結果説明に納得がいかない方
 ハ 顧問税理士の対応に不満のある方
 ニ 調査立会中の税理士の方(セカンドオピニオンとしてもご活用いただけます)
 ホ 顧問税理士はいるが、調査代理のみ依頼したい方
 ヘ その他、調査代理のみ依頼したい方
 ホ 不服申立したい方
 ト 税務訴訟を闘う方

2 当センターでの請け負う業務等とその流れ
 (1) 「救急派遣」時のイメージ
 所要時間:90分から半日(内容によっては持ち帰って検証後、後日ご説明となります。)
 電話連絡時に、ご依頼人の氏名等及び派遣先の場所のご指定をお願いします。
 派遣依頼の前後に、詳細な情報を下記アドレスにメールいただくとよりスムーズで細やかな対応が可能です。
 ume3@enthusiasms.net
(内容)
 イ 事業概況等のヒアリング(かなり細かく突っ込んだところまでお聴きします)
 ロ 調査対象期間の決算内容の内容確認
 ハ 特殊事情の確認(もし誤りや漏れてしまった事項などがある場合、その悩みもお聞かせください)
 ニ 税務当局等の調査に関する不満の確認
 ホ 調査中の場合は、経過の確認
 ヘ 調査中や不服申立等の場合、現在の調査状況の評価とその解決方法などをご説明
 ト 不服申立等の成否判定(私見)
 チ 料金50,000円(消費税ぬき)のご請求
 リ 税務調査代理依頼及び不服申立等代理の契約意思確認
  (イ)税務代理権限証の作成(これにより税務代理の受諾とその内容を相互に確認します。)
  (ロ)着手金等のご説明とご請求

 (2) 税務調査(税務署の一般的なもの)代理のおもな内容
 イ 税務代理権限証を課税当局に提出
 ロ イ提出後の連絡、折衝窓口を当事務所にする及び調査日時の申し入れ
 ハ 緊急派遣後の検討結果、必要な場合事前打ち合わせ(電話で細かな打ち合わせもします)
 ニ 初動調査の立会い(1~2日)
 ホ 調査期間中の税務当局との折衝
 へ 調査の経過や内容によっては、税務意見書を作成し提出(不適切なら抗議文書等も)
 ト 「調査結果の説明」の解説
 チ 修正申告書の作成(顧問先がある場合は、協議)
 リ 「納付指導」の解説
 ヌ 調査後の質疑応答

記事一覧